ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>債務整理

| 過払い |

返還の流れ
1
まずは無料相談
まずは事務所にお越しいただき、十分に面談させていただきます。
細かな情報から最良の手段を考え、過去の事例と照らし合わせ最大限に回収できる方法をご提案させて頂きます。
下矢印のイメージ
2
受任通知を発送
依頼日の、当日または翌日には受任通知を債権者へ発送します。
すると、債権者から取り立てはストップします。受任通知が認定司法書士から債権者に届くと、法律によって借金の取立て・督促を禁止されるからです。 完済後の過払い請求の場合には、もともと取り立てはないので、受任通知の効果は取引履歴の開示請求と過払い金の交渉の告知等に限定されます。
下矢印のイメージ
3
取引履歴の開示請求
あなたがいくら借りて、いくら返したかという債権者とあなたの間の取引の履歴(データ)を開示するよう請求します。
下矢印のイメージ
4
過払い金掲載債務再計算
取引履歴を元に、過払い金の額(または債務の残高)を再計算します。
債務の再計算とは…多くの消費者金融が設定している法律違反の高金利を、合法な金利に訂正して、借金の残高を計算することを言います。
下矢印のイメージ
5
過払い金の返還請求
過払い金返還請求を行います。請求・交渉は司法書士が行いますので、依頼者の方は特に何もしていただかなくて大丈夫です。
下矢印のイメージ
6
請求方法
1. 和解
2. 訴訟
下矢印のイメージ
7
依頼者の希望確認
どのくらいの返還額なら消費者金融と合意するか?訴訟をする・しない、などについてご希望を伺います。
下矢印のイメージ
8
過払い金返還交渉
交渉の原則を次のように考えています。
「過払い金利息も含めて過払い金の全額返還の合意を目指す」です。
下矢印のイメージ
9
訴訟提起
和解交渉で条件が合わず解決しないときは、訴訟提起します。
訴訟を提起しても交渉は続けていきますが、解決まではさらに数か月を要します。
原則として、ご本人が裁判所に出向く必要はありません。(但し、金140万円以内の場合)
下矢印のイメージ
10
過払い金の返還
返還日は、消費者金融と過払い金返還の条件について合意が成立した日の、2か月~6か月後くらいになるのが一般的です。(例外あり)
その後、当事務所にて清算させて頂きます。
問い合わせ