ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>債務整理

| 過払い |

過払い金が発生する仕組み
IMPORTANT
  • 過払い金返還とは、貸金業者に支払い過ぎたお金を取り戻すことです
  • 取引終了後10年以内で、完済をしていても、過払い返金の適用は可能です
  • 完済後の過払い金回収については、初期費用0円でご利用頂けます。
金利についてのグラフのイメージ

過払い金とは、貸金業者に支払い過ぎたお金のことです。
過払い金が生じるのは、貸金業者が利息制限法の上限金利(20%~15%)を守らず、それをはるかに超える出資法の上限金利で貸付を行っていたからです。
出資法の上限利率は段階的に下げられてきましたが、昭和のころは50%以上、平成に入ってからも40%以上と高利で推移してきました。通常貸金業者は、出資法による利率を設定し、違法に金利を取っていました。

改正貸金業法がH22年6月18日に施行されたことに伴い、現在ではグレーゾーン金利は解消されています。しかしながら、かつて取引開始時点においてグレーゾーン金利による利息を支払っておられ、その金利による支払期間が長期に渡る場合には過払金が発生している可能性があります。(←完済後の過払い金) 

問い合わせ