ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>ヤミ金

| ヤミ金 |

よくある質問
Q1
本当に闇金からの請求を止めることができるのですか?
A1
本当に止めることができます。闇金には闇金用の交渉手段があります。様々な交渉手段や独自の嫌がらせ対策及び警察等の国家権力に対する協力要請などを通じて止めることが可能となります。
※警察等にご本人のみが行かれる場合と法律専門家が同行して行くのでは違う結果になることがあります。協力要請の仕方や被害状況の伝え方等警察官等官憲と接するにはそれなりのポイントがあるのです。
実際、様々な地域の警察の担当(生活安全課の保安係)の方々とお会いしてきましたが、応対の仕方も一律ではありません。それは即ち、現場を知る警察官の方々が、実際に目の当たりにされてきた経験等が異なっていることが原因なのかもしれません。地域による対応の温度差があるとすれば、それがないようにするため、依頼者の方と共にお願いするのも当事務所の役割ではないかと考えています。
Q2
返済期日がもうすぐなのですが、対応はすぐにしてもらえるのでしょうか?
A2
はい、すぐに対応致します。返済の期日が翌日ということもありますので早急に対応しなければなりません。
Q3
現在、闇金数社から借り入れをしているのですが、返済期日に支払うことができず職場や家族に連絡が行きそうで不安でいっぱいです。
どうすればよいでしょうか?
A3
利息を含めて既に元金以上の額を支払い続けているような場合には、私どもに交渉を任せて頂ければ比較的容易に請求を止めることが可能です。しかし、元金を全く支払ってない場合には、相手も容易には請求を止めてくれたりはしません。そうした時に、職場や家族に連絡してくることが予想されます。その場合であっても、前述の通り様々な交渉手段や対応策があり、対応の仕方は依頼者のご希望によっても変わりますので一度ご連絡下さい。ヤミ金の件で悩んでおられると、睡眠不足になったり、仕事にも支障が出たりしますので、出来る限り早期に相談して下さい。相談するだげでもお気持ちはずいぶんと変わるものです。
Q4
闇金の相談に乗ってもらえることは分かりましたが、違法業者の中には色々と相談に乗ってくれたりして助かっているのも事実なので、親切にしてくれた業者は今後のことも考慮してお願いするかどうか思案しています。やはり、全部まとめてお願いした方が良いでしょうか?
A4
借りた側の立場だとそういう風に思われるのも分かりますが、実際私の経験では、親切にしてくれた業者を除いて依頼された方は、その業者の支払いのために再度他の業者の借り入れをしたりと結局終われないことになるばかりか、今まで親切に対応していた業者の返済も滞ることになり、その親切業者だったヤミ金から職場にいやがらせ電話を受ける等して最悪のシナリオになるケースが多いのも事実なのです。ヤミ金の対処はすべてしなければやり直すことは出来ませんのでくれぐれもご注意下さい。
Q5
返済が滞っており、「延滞金を支払ってもらう。」とか「口座を売買してくれないか?」と言われています。どう対処すればよいのでしょうか?
A5
個人のレベルでは対応できない段階になっていますので、一刻も早くご相談下さい。口座の売買は、犯罪行為ですので絶対にしてはいけません。安易な考えでその場しのぎに口座の売買をすると、禁錮刑や罰金刑に処せられ、その結果として、職を失ったり、家庭が崩壊することにもなりますので、厳に慎むべきです。
Q6
ホームページを見て依頼できそうなところを幾つか見つけたのですが、実際どこが良いのでしょうか?
A6
まず第一に、実際会って相談できるところに行くべきです。なぜかと言うと、ヤミ金業者の中には、事務所の固定電話からいくら電話をかけても、一向に電話に出ない業者がいるからです。そうした業者の対応には、依頼者の方の電話から我々が直接電話して話をつければなりません。会いに行ける距離にある事務所であって、かつ依頼者の電話から直接電話してくれる事務所である必要があるわけです。また、実際に会うことで、ホームページでは見極めることができなかったことも見えてきます。それ以外にもどこが良いかにつき注意すべきことはありますが、多くは実際に会うことでクリアできる事柄ですので、とにかく会って相談することに尽きます。
Q7
是非ともお願いしたいのですが、初期費用がありません。どうすれば良いでしょうか?
A7
初期費用がなくても、法テラス(日本司法支援センター)を利用することによって、初期費用が不要となる場合があります。収入等の審査基準がありますが、クリアすれば利用することが可能です。当事務所は、法テラス相談登録事務所ですので、直接法テラスに行かなくてもそのまま法テラス利用をすることができるようになっています。その他にも、大手消費者金融(アコム、プロミス、レイク、アイフル、ディック、ノーローン、旧三洋信販、旧ライフ)で完済の後10年未満のものが複数ある場合等は過払金が見込めます。その場合には、完済後の過払金を利用することで初期費用がなくても対応することが可能です。詳しくは、当事務所までご相談下さい。
追伸
ヤミ金に関する情報は、代表ブログにも多数掲載してありますので、そちらの記事もご参照の上、ご相談して下さい。

問い合わせ