ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>ヤミ金

| ヤミ金 |

闇金業者に手を出してしまったら・・・

できるだけ早く相談して下さい。

闇金は返済(*ジャンプを含む。)をしている間は、良いお客さんなので対応も悪くないですが、返済ができなくなれば、とたんに脅しをかけてきます。脅しに負けて他の闇金からまた借金を重ねていけばどんどん借金が膨らむ一方で、ますます泥沼に陥っていきます。闇金被害の場合、その多くは誰にも相談することができず、一人で悩みを抱えてとても辛い精神状況に追い込まれてしまいます。よく事務所に相談にみえた方のお話を伺っておりますと、比較的態度の優しかった闇金業者に対して相談してらっしゃいますが、なんの解決にもなりませんので、絶対に止めて下さい。闇金業者は、それなりの対応を教えてくれたりすることもありますが、それは他の闇金業者が商売敵となるため、商売敵を排して自身の借金だけを確実に支払ってもらおう(または自身の仲間内で食い物にしよう)という意図があるからです。闇金について熟知している通える専門家への早期相談でなければいつまで経っても闇金から抜け出すことができなくなってしまいますのでご注意下さい。
当事務所では、長年の経験と最新の情報から独自の嫌がらせ対策や警察署への同行等他にはないお客様に寄り添った対応をして臨んでいます(電話に出ないヤミ金に対してあるいはラインでやり取りしていて携帯番号を知らないような場合には、ご自身の携帯電話から直接電話あるいはライン通話することもあります。)ので、なるべく早くご相談されることをお勧め致します。初回の相談については無料ですので一度ご連絡下さい。
電話交渉の際、電話に出ない業者もいます。このような業者に対応するには、ご自身の携帯電話をご持参戴いてその電話から直接電話しなくてはなりません。そして、最近の特徴ですが、ラインでやり取りしていて、携帯電話の番号すら知らない業者もかなり増えてきました。このことは、足を運べる範囲内の専門家でなければ解決できないことを意味しています。たとえ、足を運べる範囲の専門家であってもそこまではしてくれないかもしれませんが、当事務所ではやっております。
代表ブログ必携‼完全保存版090金融の対応をアップしましたので、こちらも是非ご覧下さい。
闇金利用の恐ろしい現実
闇金を利用しているだけで、ご自身の口座が凍結されてしまうことがあります。凍結後は、新規に口座を開設することも出来なくなり、日常生活に支障をきたすことが比較的よくあるのです。
どういうことかと言いますと、今、闇金を利用されておられる方は、ご自身の通帳(闇金がお金を振り込んできた通帳)を見て下さい。通常、闇金からの振り込みは、カトウ、コジマなどフルネームで入金してくることはありません。この場合は問題ありません。しかし、カトウシンイチ、コジマユカリなどフルネームで入金があった場合は危ないです。そのカトウシンイチさんやコジマユカリさんは、あなたと同じ闇金業者を利用した被害者である可能性が高いのです。もうお分かりですか?カトウシンイチさんやコジマユカリさんは、あなたと同じ闇金業者に当日返済することになっており、闇金業者はその返済先としてあなたの口座を指定したわけです。どうして闇金業者がそんなことをするのかと言うと、闇金業者が違法に入手した口座は頻繁に口座凍結されているので、それを回避するために、当日入出金が重なっているお客さんの口座を利用しているわけです。その後、カトウシンイチさんやコジマユカリさんは返済に窮して警察等に相談に行きます。その際にあなたの口座に振り込んだATMの明細書を持参して警察等に提示すると、あなたの口座が凍結されるというわけです。
ご自身の口座をよくご覧になって、フルネームで入金があったような場合には、当事務所にお知らせのうえお越し下さい。対処方法をご指南申し上げます。
送金手段についても、特に最近は、口座振込みをさせずに済ます様々な方法が見受けられるようになりました。
対面闇金を利用してしまったら・・・
対面闇金には、危険が潜んでいます。契約書にサインしたのみで、返済の事実は何も書面で残っていないという危険。対面ゆえの取り立てに対する潜在的な危険。これらの危険を排除して解決を図るために、相談者単独で交渉することは避けるべきです。対面闇金にも色々な類型があります。東京から会いに来て、融資する業者も存在します。交通費(新幹線代)を別途要求されたりもします。この手の業者は、印鑑証明書や住民票、免許証、商業登記簿等要求し、私製小切手、債権譲渡承諾書、債権譲渡登記申請書等への記名押印されられるのですが、大変危険です。私製の小切手では交換所で換金は出来ないので、不渡りになる危険は少ないと思われますが、取引先に対して債権譲渡を受けたと言って、売掛金をこちらに支払うよう迫ってきます。この際、法務局の債権譲渡通知書を送付されたりすると、通常は取引先は供託をすることになるでしょう。そのような事態は取引の信用問題に直結しますので、得意先を失うことにもなりかねません。
渡した時点ですぐにご相談下さい
システム金融を利用してしまったら・・・
システム金融は、小切手を担保に融資をしている業者であるため、利用されれば、常に不渡りの悩みを抱えて過ごすことになります。通常の担保と異なり、当座預金の中にお金がなければ、担保を実行しても回収できるわけではありません。それどころか、不渡りになれば、回収不可能であることが確実視されることから、小切手を回す実益はほぼないのです。システム金融業者と対峙する時は、この点を踏まえて対処する必要があります。難しい交渉をすることにもなりますので、相談者単独で交渉するようなことはせず、我々と相談の上で対峙すべきでしょう。➡代表ブログのシステム金融との攻防の中で詳述してます。
携帯電話を数台契約後郵送すれば融資するという悪質業者の甘言に引っ掛かったら・・・
知らぬこととはいえ、犯罪行為(携帯電話不正利用防止法違反または詐欺罪)に該当します。まずは、ご自身の軽率な行為を反省して下さい。自己名義の携帯電話を訳の分からない他人が所有していることで様々な危険が考えられますので、迅速かつ適切に対処する必要があります。事務所に直接お越しになって下さい。その後具体的対処法についてご指南申し上げます。
当事務所では、血の通ったサービスを心掛けています。会わなくても良いサービスとは一線を画する人と人との関係を大切にするサービスです。ヤミ金被害に遭われた方であれば、どこの誰だか分からない人にお金を借りたことへの後悔や危うさを少なからず体感されてきたはずです。そうであれば、その解決には、実際に会って相談することがいかに大切であるかも分かっておられると存じます。まずは、会って相談することそこから全てが始まります。皆様のご理解の程宜しくお願い申し上げます。

 




           

問い合わせ