ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>ヤミ金

ヤミ金

闇金・ヤミ金・やみ金(無登録業者)
IMPORTANT
  • 脅しに負けない毅然とした態度をとることが重要です。
  • 闇金に詳しい通える範囲内の専門家に早期に相談するようにしましょう。
無登録業者、闇金(やみ金・ヤミ金)とは・・・
無登録業者、闇金(やみ金・ヤミ金)のイメージ

貸金業を行うには、貸金業法第3条により、都道府県知事等の登録を受ける必要がありますが、その登録を受けずに無登録で貸金業をしている者を一般に闇金と呼んでいます。
無登録で営業をした者は、貸金業法により10年以下の懲役または3000万円以下の罰金に処される(懲役刑と罰金刑を併せて刑を科せられることもあります。)ことからもその行為自体が重大な犯罪行為であることが分かります。

闇金の手口

090金融の場合

実際に会ったりはせずに、携帯電話(最近はライン  の場合も) と通帳だけで取引する業者です。固定電話を使用していることもありますが、会っていなければ090金融です。最初は、1万円から2万円程度を貸し付けて、それを1週間程度で完済すると、3万円以上の本格的な貸付けを行っていくのが一般的です。借入れに際しては、個人情報を聞いてきます。勤務先、家族、友人の連絡先(家族や友人の勤務先を含む)等を聞いてくるので、個人情報のみならず個人と密接な関係にある周辺情報まで知らせることになります。最近では、スマートフォンの機能を使って、電話帳をコピーさせてそのデータを送信させたりもしています。これらは、返済が滞ったときに、これらの連絡先に所構わず連絡して返済させるように仕向けるためのものです。

対面で会って取引する本来の場合

電柱広告を使って集客していたり、風俗業など特定の職業に就いてる人をターゲットにしている業者です。対面業者の場合、簡単な契約書にサインさせられるものの、こちらに契約書を渡してくれたりはしません。お金の返済は、コンビニ等の駐車場等を利用して車中ですることが多いです。たとえ、返済しても領収証を渡してくれたりはしません。取引の中身を証明するものは何も存在しない場合が多いです。対面業者の場合は、一般的に090金融と比べると、取り引き金額が多く、返済期間も長いのが特徴です。住まいや勤務先等を教えているため、返済が遅れるといつ取り立てに来られるか分からない(何をされるのか分からない)という怖れがあり、いつまで経っても関係を断つことが出来なくなります。

システム金融の場合

個人事業主を主として対象としており、小切手を振り出させて融資をする業者です。融資を勧誘する FAXが送られてくることが多く、FAXで申し込みをしたりすると、当座預金等にある程度まとまったお金を振り込んできます。例えば、30万円の融資を受けるには、50万円の券面額の小切手を振り出すように言ってきます。小切手は、郵送で業者指定の宛先に送ることになります。その後、業者は期日までに小切手を回して50万円を金融機関を通じて取得するという具合です。これを繰り返していくと早晩行き詰ってしまいます。行き詰ると、他のシステム金融業者からまた同様に借りるという悪循環になります。これらの業者はグルになっていることが多く、まさに絞れるだけ搾り取る ということになります。また、当日「50万円のお金を用意できない。」と言うと、「いくらなら用意できるのか?」と尋ね 「30万円しか用意できない。」と返答すると、20万円当座預金に振り込んで当日の不渡りを回避させ、その20万円に対して35万円の小切手を送るように言ってきます。このように小切手をちらつかせて最期の最期まで追い込みをかけて行くのです。

給与ファクタリング等の場合

従来のタイプとは異なる新種のもので、給与債権を買い取るなどして給料日の前に個人向けに融資するファクタリング業者による新たな脱法手法です。しかしながら、最近は、警察の取締まり等もあり、急速に姿を消しつつあります。それに代わって、経費払いだとか商材を買わせる売買契約の形式を取ったさらに新種の業者が登場するなど脱法手段を探して日々様変わりしています。利用者が業者に対して給料債権の経費に当たる額から一定の額を割り引いた額を交付し、給料日に経費額を回収するのが経費の給与ファクタリングの手口です。価値のほとんどない商材を買わせる売買契約の形式をとるタイプは、レビュー等と称して、購入物のレビューを書き込むことでお金が貰える仕組みのものが多く見受けられます。実際には、それが融資であり、売買代金の支払いが返済になります。新種の手口は、様々で一概に言えない部分もありますが、小口のお金を調達したい人を対象にネット上で必ず勧誘しています。そうした業者を次々と利用しなければならない状況は、自滅のパターンですので、一刻も早い気付きと的確な法的解決が必要です。

個人間融資の掲示板を悪用する場合

個人間融資という名前であっても、掲示板という不特定多数の人を対象としたものであるため、貸金登録をせずに融資を行うこと自体、違法行為となると思われます。実際の相手方は、090金融の闇金業者であることが多いです。090金融の闇金業者であれば、表向きの融資条件と実際の返済条件が異なっていたり、返済用の口座が毎回変わっているような場合は闇金業者だと判断して良いでしょう。

基本的に、相手方の住所・氏名が分からないまま個人情報を書き込んで融資をする形態を取ることからリスクのある行為であり、また、個人間融資には「ひととき融資」と呼ばれるような女性との性交渉等を目的とするものもあり、様々なトラブルが頻発しているため安易な利用は大変危険です。
以上、代表的なものを紹介しましたが、闇金と言ってもこれ以外にも様々なタイプがあり、また同じタイプの闇金であっても、人により様々です。       

 

闇金業者に手を出してしまったら・・・

090金融に手を出してしまったら

できるだけ早く相談して下さい。
闇金は返済(*ジャンプを含む。)をしている間は、良いお客さんなので対応も悪くないですが、返済が出来なくなればとたんに脅しをかけてきます。脅しに負けて他の闇金から借入れを重ねて行けばどんどん借金が膨らむ一方でますます泥沼に陥っていきます。闇金被害の場合、その多くは誰にも相談することができず、一人で悩みを抱えてとても辛い精神状況に追い込まれてしまいます。よく事務所に相談にお越しの方のお話を伺っておりますと、比較的態度の優しかった闇金業者に対して様々なことを相談してらっしゃいますが、それは他の闇金業者が商売敵となるため、商売敵を排して自身の借金だけを確実に払ってもらおう(または自身の仲間内で食い物にしよう)という意図があるからです。闇金について熟知していてなおかつ実際に通える範囲内の専門家への早期相談でなければいつまで経っても闇金から抜け出すことが出来なくなってしまいます。
当事務所は、インターネットで宣伝している事務所の中でも最も古くから闇金問題に取り組んでいるという自負経験から独自の嫌がらせ対策や警察署への同行等他にはない依頼者に寄り添った対応をして臨んでおります。電話に出ない闇金業者に対しては、依頼者の電話を使って直接電話したり、ラインでのみのやり取りしているような場合であっても、お手持ちのスマートフォンを使って直接ライン通話したりして可能な限りの対応をしております。近年においては、このラインを通じたものが多くみられるようになってきました。ラインの場合、携帯番号は分からないことも多く実際の交渉は依頼者のスマートフォンをお預かりする等して行う必要があり、そこまでの対応をする事務所は当事務所以外はほぼありません。

闇金利用の恐ろしい現実とは

 闇金を利用しているだけでご自身の口座が凍結されてしまうことがあります。凍結後は、新規で口座を開設することも出来なくなり、日常生活に支障をきたすことが比較的よくあるのです。
どういうことかと申しますと、今、闇金を利用されておられる方はご自身の通帳(闇金がお金を振り込んできた通帳) を見て下さい。通常、闇金からの振込みはカトウ、コジマなどフルネームで入金してくることはありません。この場合は問題ありません。しかし、カトウシンイチ、コジマユカリなどフルネームで入金があった場合は危ないです。そのカトウシンイチさんやコジマユカリさんは、あなたと同じ闇金業者を利用した被害者である可能性が高いのです。もうお分かりですか?カトウシンイチさんやコジマユカリさんは、あなたと同じ闇金業者に当日返済することになっており、闇金業者はその返済先としてあなたの口座を指定したわけです。どうしてそんなことをするのかと言うと、闇金業者が違法に入手した口座は頻繁に口座凍結されているので、それを回避するために当日入出金が重なっているお客さんの口座を利用しているわけです。その後、カトウシンイチさんやコジマユカリさんが返済に窮して警察等に相談に行きます。その際にあなたの口座に振り込んだATMの明細書を持参して警察等に提示すると、あなたの口座が凍結されるというわけです。
ご自身の口座をよくご覧になって、フルネームで入金があったような場合には当事務所にお知らせのうえお越し下さい。対処方法をご指南申し上げます。
最近では、送金方法についても各種のギフト券を購入してその番号を相手に伝える方法等振込みをしない手法も登場しています。
 

対面闇金に手を出してしまったら

豊富な経験をもつ当事務所に相談して下さい
対面闇金の場合、返済が困難な状況になれば、相手が自宅にまで押しかけて来て、身の危険を 感じるような事態になるのではと恐怖を感じることも あるでしょう。そうした問題を一人で解決することは不可能です。豊富な経験を持つ専門家に対処してもらう必要があります。こうした案件を実際に受けてくれる窓口を見つけることすら難しいのが現実です。当事務所では豊富な経験から各種の対面闇金にも対応しておりますが、個別具体的な内容についての対処等についてまで触れることは適当ではないと思われますので、詳しくはお電話のうえご来所の際にお話しさせて頂きます。

システム金融に手を出してしまったら

システム金融を利用してしまうと、必ず不渡りの心配をしなければなりません。かと言って、払い続けてもお金が枯渇し、件数ばかり増えるだけで余計に苦しくなってしまいます。ご自身の手には負えない状態です。ご自身で何とかしよう等と考えないで下さい。我々法律家が対処すべき段階にステージは変わっています。システム金融業者も不渡りになることが分かっている小切手をわざわざ回しても何も実益がないのでそんなことはしません。実際の取引状況を見極めて、相手と法律の話しをしながら丁寧に交渉をしていく必要があります。ここでも経験がものをいう場面がありますので、お困りの方は予め資料を整理し、電話予約してご来所下さい。

給与ファクタリング等の新種のタイプに手を出してしまったら

給与ファクタリングについては、令和2年3月24日付けで東京地裁において初めての司法判断がされ、その中で貸金であることが認定されると共に利息金に相当する部分が貸金業法及び出資法違反となる場合には、その取引自体無効であり、刑事罰の対象となるとの判断が出ました。それ以降、ファクタリング業者は減少する一方、現在では新たな新種の業者が次々と生まれてきており、そうした業者を利用する方が増えてきています。これらの業者を利用し始めるとあっという間に利用件数が雪だるま式に増えていしまいます。その結果、返済可能金額以上の借金を背負わされることになります。そうした場合の対処はもはやご自身では手に負えません。専門の法律家の介入なしには解決することは困難です。ファクタリングをはじめとする小口融資の件数が増えて、さらに恐ろしい闇金に手を出してしまう前に(被害が大きくなる前にという意味であり、闇金利用に及んだ場合でももちろん対応可)出来ればご相談下さい。実際、どのように解決してくれるのか、どう今の状況を打開できるのか等詳細をお聞きになりたい方は、直接お電話にてお尋ね下さい。

個人間融資の掲示板を見て融資を受けてしまったら

タイプ別に分けて対応する必要があります。
まず090金融業者が相手の場合です。掲示板に書き込んでいる者の多くはその090闇金業者です。その場合は前述の闇金対応で処置できます。ご自身で悩んでおられるのなら、数多くの090金融業者に対応しているところ(当事務所を含む。)で対応してもらうべきです。
ひととき融資のようなケ-スにおいては、相手の目的は融資というよりも、性交渉等であることが多いため、極めて悪質なものです。相手の特徴としては、闇金ではなくて、普通の一般男性が興味本位に行っているケ-スが多いです。この場合は、警察と連携して対応してくれる事務所(そういった事務所は少ないですが、当事務所では対応可。)に依頼すべきです。実際上も、我々も、警察も関与した方が良い結果に繋がっています。そしてこのケ-スの場合、事柄の性質上、なかなか相談しづらい内容であるため、表面化するのに時間がかかってしまい、相談の時点では深刻になっています。相談しづらいとは思いますが、当人だけで悩んでいても解決はしません。早急に相談して下さい。ほっておいては事態は悪化するばかりです。詳細はお電話にてご相談下さい。

最後に

闇金被害に遭われた方であれば、少なからずどこの誰だか分からない人にお金を借りたことの危うさを体感されてきたはずです。そうであれば、その解決には、実際に会って相談することがいかに大切であるかも分かっておられると存じます。
現在、新型コロナウィルスの影響で、人と人との接触をなるべく控えることが求められるようになっております。しかしながら、闇金問題は、生活上の逼迫した問題であるため、感染対策をしっかりと行ったうえで面談しております。
当事務所では、現在感染予防のため5つの対策を講じて、予防に最大限努めております。皆様のご理解の程宜しくお願い申し上げます。   
                       




よくある質問
Q1
本当に闇金からの請求を止めることができるのですか?
A1
本当に止めることができます。闇金には闇金用の交渉手段があります。様々な交渉手段や独自の嫌がらせ対策及び警察等の国家権力に対する協力要請などを通じて止めることが可能となります。
※警察等にご本人のみが行かれる場合と法律専門家が同行して行くのでは違う結果になることがあります。協力要請の仕方や被害状況の伝え方等警察官と接するにはそれなりのポイントがあるのです。
実際、様々な地域の警察の担当(生活安全課の保安係)の方々とお会いしてきましたが、応対の仕方も一律ではありません。それは即ち、現場を知る警察官の方々が、実際に目の当たりにされてきた経験等が異なっていることが原因なのかもしれません。地域による対応の温度差があるとすれば、それがないようにするため、依頼者の方と共にお願いするのも当事務所の役割ではないかと考えています。
Q2
返済期日がもうすぐなのですが、対応はすぐにしてもらえるのでしょうか?
A2
はい、すぐに対応致します。返済の期日が翌日ということもありますので早急に対応しなければなりません。
Q3
現在、闇金数社から借り入れをしているのですが、返済期日に支払うことができず職場や家族に連絡が行きそうで不安でいっぱいです。
どうすればよいでしょうか?
A3
利息を含めて既に元金以上の額を支払い続けているような場合には、私どもに交渉を任せて頂ければ比較的容易に請求を止めることが可能です。しかし、元金を全く支払ってない場合には、相手も容易には請求を止めてくれたりはしません。そうした時に、職場や家族に連絡してくることが予想されます。その場合であっても、前述の通り様々な交渉手段や対応策があり、対応の仕方は依頼者のご希望によっても変わりますので一度ご連絡下さい。ヤミ金の件で悩んでおられると、睡眠不足になったり、仕事にも支障が出たりしますので、出来る限り早期に相談して下さい。相談するだげでもお気持ちはずいぶんと変わるものです。
Q4
闇金の相談に乗ってもらえることは分かりましたが、違法業者の中には色々と相談に乗ってくれたりして助かっているのも事実なので、親切にしてくれた業者は今後のことも考慮してお願いするかどうか思案しています。やはり、全部まとめてお願いした方が良いでしょうか?
A4
借りた側の立場だとそういう風に思われるのも分かりますが、実際私の経験では、親切にしてくれた業者を除いて依頼された方は、その業者の支払いのために再度他の業者の借り入れをしたりと結局終われないことになるばかりか、今まで親切に対応していた業者の返済も滞ることになり、その親切業者だったヤミ金から職場にいやがらせ電話を受ける等して最悪のシナリオになるケースが多いのも事実なのです。ヤミ金の対処はすべてしなければやり直すことは出来ませんのでくれぐれもご注意下さい。
Q5
返済が滞っており、「延滞金を支払ってもらう。」とか「口座を売買してくれないか?」と言われています。どう対処すればよいのでしょうか?
A5
個人のレベルでは対応できない段階になっていますので、一刻も早くご相談下さい。口座の売買は、犯罪行為ですので絶対にしてはいけません。安易な考えでその場しのぎに口座の売買をすると、禁錮刑や罰金刑に処せられ、その結果として、職を失ったり、家庭が崩壊することにもなりますので、厳に慎むべきです。
Q6
ホームページを見て依頼できそうなところを幾つか見つけたのですが、実際どこが良いのでしょうか?
A6
まず第一に、実際会って相談できるところに行くべきです。なぜかと言うと、ヤミ金業者の中には、事務所の固定電話からいくら電話をかけても、一向に電話に出ない業者がいたり、ラインでやりとりをしていて、電話番号すら分からないケースが増えてきたからです。そうした業者の対応には、依頼者の方の電話から直接電話して話をつければなりません。会いに行ける距離にある事務所であって、かつ依頼者の電話から直接電話してくれる事務所である必要があるわけです。また、実際に会うことで、ホームページでは見極めることができなかったことも見えてきます。それ以外にもどこが良いかにつき注意すべきことはありますが、多くは実際に会うことでクリアできる事柄ですので、とにかく会って相談することに尽きます。
Q7
是非ともお願いしたいのですが、初期費用がありません。どうすれば良いでしょうか?
A7
初期費用がなくても、法テラス(日本司法支援センター)を利用することによって、初期費用が不要となる場合があります。収入等の審査基準がありますが、クリアすれば利用することが可能です。当事務所は、法テラス相談登録事務所ですので、直接法テラスに行かなくてもそのまま法テラス利用をすることができるようになっています。その他にも、大手消費者金融(アコム、プロミス、レイク、アイフル、ディック、ノーローン、旧三洋信販、旧ライフ)で完済の後10年未満のものが複数ある場合等は過払金が見込めます。その場合には、完済後の過払金を利用することで初期費用がなくても対応することが可能です。詳しくは、当事務所までご相談下さい。
追伸
ヤミ金に関する情報は、代表ブログにも多数掲載してありますので、そちらの記事もご参照の上、ご相談して下さい。

悪質業者が横行しています
悪質業者が横行していますのイメージ

最近では、甘い貸し付け条件を看板にして誘い込み、最初に個人情報を聞き出した後に、当初とは異なる貸し付け条件で借り入れをさせるような悪質業者も多く存在していますので十分注意して下さい。
代表例を申し上げますと、表向きは100万円融資と謳いながら、非常に丁寧な対応でもって個人情報を聞き出した後に審査をするといい(←最初から審査に通すつもりは全くなく、単なる狂言。)、程なくした後に携帯電話から審査は通らなかったが、金2万円を振り込んだので1週間ごとに金3万円を5回に亘って支払えれば、その際に100万円を融資するというケースです。また、このように言ってくるケースもあります。最初から5回などとは言わずに、振り込みに際して、わざわざ二つの口座を指定するなどして、「一方の口座には手違いがあり、約束通りの入金がなかったので、また来週払ってくれ。」と言っては数回に亘って支払いを継続させられるのです。
 実際に100万円の融資を受けたという相談者は、いまだかつて一人もいませんでしたので、ご注意下さい。
また、申し込みを思いとどまって融資を断った際に、高額のキャンセル料を請求してくる業者も存在していますので、ご注意下さい。通常は、放置していても問題はないのですが、安易に個人情報を教えていると、関係先に嫌がらせ電話等の被害を受けることがあり、放置出来ない状況に追い込まれてしまいます。
個人情報は、無形の有用な担保として機能している側面がありますので、どこの誰だか分からない人物に教えないようにしなければなりません。
こうしたケースに遭われた場合には、すぐにご一報下さい。
当事務所の方針として、取立て行為をやめない業者・話に応じない業者についてはすぐに警察署に通報し、警察の協力を求めることにしております。

問い合わせ