ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>ヤミ金

ヤミ金

闇金・ヤミ金・やみ金(無登録業者)
IMPORTANT
  • 脅しに負けない毅然とした態度をとることが重要です。
  • 闇金に詳しい通える範囲内の専門家に早期に相談するようにしましょう。
無登録業者、闇金(やみ金・ヤミ金)とは・・・
無登録業者、闇金(やみ金・ヤミ金)のイメージ

貸金業を行うには、貸金業法第3条により、都道府県知事等の登録を受ける必要がありますが、その登録を受けずに無登録で貸金業をしている者を一般に闇金と呼んでいます。
無登録で営業をした者は、貸金業法により10年以下の懲役または3000万円以下の罰金に処される(懲役刑と罰金刑を併せて刑を科せられることもあります。)ことからもその行為自体が重大な犯罪行為であることが分かります。

闇金の手口

090金融の場合・・・実際に会ったりはせずに、携帯電話と通帳だけで取引をする業者です。固定電話を使用していることもありますが、会ってなければ090金融です。最初は、1万円から3万円を貸し付けて、1週間後または10日後に6割から10割の利息を付けて請求してくるのが一般的です。借り入れに際しては、個人情報を聞き出します。勤務先、家族、友人の連絡先(家族や友人の勤務先も含む)等を聞いてくるので、個人情報のみならず個人と密接な関係にある周辺情報を知らせることになります。返済が滞ったときに、これらの連絡先に所構わず連絡して返済するように仕向けるのです。
対面で会って取引をするタイプの場合・・・電柱広告を見て融資の申し込みをしたりすると登場してくる業者です。対面業者の特徴は090金融と違って、簡単な契約書にサインをさせられることです。そのサインした契約書はこちらに交付したりはしません。お金の返済は、コンビニの駐車場等を利用して車中ですることが多いようですが、領収書を交付したりはしません。昔ながらの闇金のタイプと言って良いと思います。
小規模個人事業主を対象にしたシステム金融の場合・・・小切手を振り出させて融資をする業者です。融資を勧誘するFAXが送られてくることが多く、FAXで申し込みしたりすると、当座預金等にある程度まとまったお金を振り込んできます。たとえば、30万円の融資を受けるには、50万円の券面額の小切手を振り出すように言ってきます。小切手は郵送で業者指定の宛先に送ることになります。その後、業者は期日までに小切手を回して50万円を金融機関を通じて取得するという具合です。これを繰り返していくと、早晩行き詰ってしまいます。行き詰ると、他のシステム金融業者から同様に借りるという悪循環になります。これらの業者はグルになっていることが多く、まさに搾れるだけ搾り取るということになります。また、当日「50万円のお金が用意できない。」と言うと、「いくらなら用意できるのか?」尋ねてきて、「30万円しか用意できない。」と返答すると、システム金融業者は20万円当座預金に振り込んで当日の不渡りを回避させ、その20万円に対して35万円の小切手を送るように言ってきます。このように、小切手をちらつかせて、最期の最期まで追い込みをかけて行くのです。
携帯電話を数台契約後郵送すれば融資するというタイプの場合・・・今までのタイプと異なり、犯罪行為としてこちら側も罰せられます。実際に低額の融資をしてくる場合も多いですが、携帯電話は自己名義になっているため、悪質業者が好き放題利用すれば、その利用料はすべて自己負担になることから、お金の面から考えてもこうした融資に絶対引っ掛かってはいけません。
以上、代表的なものを挙げましたが、闇金と言ってもこれ以外にも様々な態様があり、また同じ類型の闇金であっても、人により様々です。


闇金業者に手を出してしまったら・・・

できるだけ早く相談して下さい。

闇金は返済(*ジャンプを含む。)をしている間は、良いお客さんなので対応も悪くないですが、返済ができなくなれば、とたんに脅しをかけてきます。脅しに負けて他の闇金からまた借金を重ねていけばどんどん借金が膨らむ一方で、ますます泥沼に陥っていきます。闇金被害の場合、その多くは誰にも相談することができず、一人で悩みを抱えてとても辛い精神状況に追い込まれてしまいます。よく事務所に相談にみえた方のお話を伺っておりますと、比較的態度の優しかった闇金業者に対して相談してらっしゃいますが、なんの解決にもなりませんので、絶対に止めて下さい。闇金業者は、それなりの対応を教えてくれたりすることもありますが、それは他の闇金業者が商売敵となるため、商売敵を排して自身の借金だけを確実に支払ってもらおう(または自身の仲間内で食い物にしよう)という意図があるからです。闇金について熟知している通える専門家への早期相談でなければいつまで経っても闇金から抜け出すことができなくなってしまいますのでご注意下さい。
当事務所では、長年の経験と最新の情報から独自の嫌がらせ対策や警察署への同行等他にはないお客様に寄り添った対応をして臨んでいます(電話に出ないヤミ金に対してあるいはラインでやり取りしていて携帯番号を知らないような場合には、ご自身の携帯電話から直接電話あるいはライン通話することもあります。)ので、なるべく早くご相談されることをお勧め致します。初回の相談については無料ですので一度ご連絡下さい。
電話交渉の際、電話に出ない業者もいます。このような業者に対応するには、ご自身の携帯電話をご持参戴いてその電話から直接電話しなくてはなりません。そして、最近の特徴ですが、ラインでやり取りしていて、携帯電話の番号すら知らない業者もかなり増えてきました。このことは、足を運べる範囲内の専門家でなければ解決できないことを意味しています。たとえ、足を運べる範囲の専門家であってもそこまではしてくれないかもしれませんが、当事務所ではやっております。
代表ブログ必携‼完全保存版090金融の対応をアップしましたので、こちらも是非ご覧下さい。
闇金利用の恐ろしい現実
闇金を利用しているだけで、ご自身の口座が凍結されてしまうことがあります。凍結後は、新規に口座を開設することも出来なくなり、日常生活に支障をきたすことが比較的よくあるのです。
どういうことかと言いますと、今、闇金を利用されておられる方は、ご自身の通帳(闇金がお金を振り込んできた通帳)を見て下さい。通常、闇金からの振り込みは、カトウ、コジマなどフルネームで入金してくることはありません。この場合は問題ありません。しかし、カトウシンイチ、コジマユカリなどフルネームで入金があった場合は危ないです。そのカトウシンイチさんやコジマユカリさんは、あなたと同じ闇金業者を利用した被害者である可能性が高いのです。もうお分かりですか?カトウシンイチさんやコジマユカリさんは、あなたと同じ闇金業者に当日返済することになっており、闇金業者はその返済先としてあなたの口座を指定したわけです。どうして闇金業者がそんなことをするのかと言うと、闇金業者が違法に入手した口座は頻繁に口座凍結されているので、それを回避するために、当日入出金が重なっているお客さんの口座を利用しているわけです。その後、カトウシンイチさんやコジマユカリさんは返済に窮して警察等に相談に行きます。その際にあなたの口座に振り込んだATMの明細書を持参して警察等に提示すると、あなたの口座が凍結されるというわけです。
ご自身の口座をよくご覧になって、フルネームで入金があったような場合には、当事務所にお知らせのうえお越し下さい。対処方法をご指南申し上げます。
送金手段についても、特に最近は、口座振込みをさせずに済ます様々な方法が見受けられるようになりました。
対面闇金を利用してしまったら・・・
対面闇金には、危険が潜んでいます。契約書にサインしたのみで、返済の事実は何も書面で残っていないという危険。対面ゆえの取り立てに対する潜在的な危険。これらの危険を排除して解決を図るために、相談者単独で交渉することは避けるべきです。対面闇金にも色々な類型があります。東京から会いに来て、融資する業者も存在します。交通費(新幹線代)を別途要求されたりもします。この手の業者は、印鑑証明書や住民票、免許証、商業登記簿等要求し、私製小切手、債権譲渡承諾書、債権譲渡登記申請書等への記名押印されられるのですが、大変危険です。私製の小切手では交換所で換金は出来ないので、不渡りになる危険は少ないと思われますが、取引先に対して債権譲渡を受けたと言って、売掛金をこちらに支払うよう迫ってきます。この際、法務局の債権譲渡通知書を送付されたりすると、通常は取引先は供託をすることになるでしょう。そのような事態は取引の信用問題に直結しますので、得意先を失うことにもなりかねません。
渡した時点ですぐにご相談下さい
システム金融を利用してしまったら・・・
システム金融は、小切手を担保に融資をしている業者であるため、利用されれば、常に不渡りの悩みを抱えて過ごすことになります。通常の担保と異なり、当座預金の中にお金がなければ、担保を実行しても回収できるわけではありません。それどころか、不渡りになれば、回収不可能であることが確実視されることから、小切手を回す実益はほぼないのです。システム金融業者と対峙する時は、この点を踏まえて対処する必要があります。難しい交渉をすることにもなりますので、相談者単独で交渉するようなことはせず、我々と相談の上で対峙すべきでしょう。➡代表ブログのシステム金融との攻防の中で詳述してます。
携帯電話を数台契約後郵送すれば融資するという悪質業者の甘言に引っ掛かったら・・・
知らぬこととはいえ、犯罪行為(携帯電話不正利用防止法違反または詐欺罪)に該当します。まずは、ご自身の軽率な行為を反省して下さい。自己名義の携帯電話を訳の分からない他人が所有していることで様々な危険が考えられますので、迅速かつ適切に対処する必要があります。事務所に直接お越しになって下さい。その後具体的対処法についてご指南申し上げます。
当事務所では、血の通ったサービスを心掛けています。会わなくても良いサービスとは一線を画する人と人との関係を大切にするサービスです。ヤミ金被害に遭われた方であれば、どこの誰だか分からない人にお金を借りたことへの後悔や危うさを少なからず体感されてきたはずです。そうであれば、その解決には、実際に会って相談することがいかに大切であるかも分かっておられると存じます。まずは、会って相談することそこから全てが始まります。皆様のご理解の程宜しくお願い申し上げます。

 




           

よくある質問
Q1
本当に闇金からの請求を止めることができるのですか?
A1
本当に止めることができます。闇金には闇金用の交渉手段があります。様々な交渉手段や独自の嫌がらせ対策及び警察等の国家権力に対する協力要請などを通じて止めることが可能となります。
※警察等にご本人のみが行かれる場合と法律専門家が同行して行くのでは違う結果になることがあります。協力要請の仕方や被害状況の伝え方等警察官等官憲と接するにはそれなりのポイントがあるのです。
実際、様々な地域の警察の担当(生活安全課の保安係)の方々とお会いしてきましたが、応対の仕方も一律ではありません。それは即ち、現場を知る警察官の方々が、実際に目の当たりにされてきた経験等が異なっていることが原因なのかもしれません。地域による対応の温度差があるとすれば、それがないようにするため、依頼者の方と共にお願いするのも当事務所の役割ではないかと考えています。
Q2
返済期日がもうすぐなのですが、対応はすぐにしてもらえるのでしょうか?
A2
はい、すぐに対応致します。返済の期日が翌日ということもありますので早急に対応しなければなりません。
Q3
現在、闇金数社から借り入れをしているのですが、返済期日に支払うことができず職場や家族に連絡が行きそうで不安でいっぱいです。
どうすればよいでしょうか?
A3
利息を含めて既に元金以上の額を支払い続けているような場合には、私どもに交渉を任せて頂ければ比較的容易に請求を止めることが可能です。しかし、元金を全く支払ってない場合には、相手も容易には請求を止めてくれたりはしません。そうした時に、職場や家族に連絡してくることが予想されます。その場合であっても、前述の通り様々な交渉手段や対応策があり、対応の仕方は依頼者のご希望によっても変わりますので一度ご連絡下さい。ヤミ金の件で悩んでおられると、睡眠不足になったり、仕事にも支障が出たりしますので、出来る限り早期に相談して下さい。相談するだげでもお気持ちはずいぶんと変わるものです。
Q4
闇金の相談に乗ってもらえることは分かりましたが、違法業者の中には色々と相談に乗ってくれたりして助かっているのも事実なので、親切にしてくれた業者は今後のことも考慮してお願いするかどうか思案しています。やはり、全部まとめてお願いした方が良いでしょうか?
A4
借りた側の立場だとそういう風に思われるのも分かりますが、実際私の経験では、親切にしてくれた業者を除いて依頼された方は、その業者の支払いのために再度他の業者の借り入れをしたりと結局終われないことになるばかりか、今まで親切に対応していた業者の返済も滞ることになり、その親切業者だったヤミ金から職場にいやがらせ電話を受ける等して最悪のシナリオになるケースが多いのも事実なのです。ヤミ金の対処はすべてしなければやり直すことは出来ませんのでくれぐれもご注意下さい。
Q5
返済が滞っており、「延滞金を支払ってもらう。」とか「口座を売買してくれないか?」と言われています。どう対処すればよいのでしょうか?
A5
個人のレベルでは対応できない段階になっていますので、一刻も早くご相談下さい。口座の売買は、犯罪行為ですので絶対にしてはいけません。安易な考えでその場しのぎに口座の売買をすると、禁錮刑や罰金刑に処せられ、その結果として、職を失ったり、家庭が崩壊することにもなりますので、厳に慎むべきです。
Q6
ホームページを見て依頼できそうなところを幾つか見つけたのですが、実際どこが良いのでしょうか?
A6
まず第一に、実際会って相談できるところに行くべきです。なぜかと言うと、ヤミ金業者の中には、事務所の固定電話からいくら電話をかけても、一向に電話に出ない業者がいるからです。そうした業者の対応には、依頼者の方の電話から我々が直接電話して話をつければなりません。会いに行ける距離にある事務所であって、かつ依頼者の電話から直接電話してくれる事務所である必要があるわけです。また、実際に会うことで、ホームページでは見極めることができなかったことも見えてきます。それ以外にもどこが良いかにつき注意すべきことはありますが、多くは実際に会うことでクリアできる事柄ですので、とにかく会って相談することに尽きます。
Q7
是非ともお願いしたいのですが、初期費用がありません。どうすれば良いでしょうか?
A7
初期費用がなくても、法テラス(日本司法支援センター)を利用することによって、初期費用が不要となる場合があります。収入等の審査基準がありますが、クリアすれば利用することが可能です。当事務所は、法テラス相談登録事務所ですので、直接法テラスに行かなくてもそのまま法テラス利用をすることができるようになっています。その他にも、大手消費者金融(アコム、プロミス、レイク、アイフル、ディック、ノーローン、旧三洋信販、旧ライフ)で完済の後10年未満のものが複数ある場合等は過払金が見込めます。その場合には、完済後の過払金を利用することで初期費用がなくても対応することが可能です。詳しくは、当事務所までご相談下さい。
追伸
ヤミ金に関する情報は、代表ブログにも多数掲載してありますので、そちらの記事もご参照の上、ご相談して下さい。

悪質業者が横行しています
悪質業者が横行していますのイメージ

最近では、甘い貸し付け条件を看板にして誘い込み、最初に個人情報を聞き出した後に、当初とは異なる貸し付け条件で借り入れをさせるような悪質業者も多く存在していますので十分注意して下さい。代表例を申し上げますと、表向きは100万円融資と謳いながら、非常に丁寧な対応でもって個人情報を聞き出した後に審査をするといい(←最初から審査に通すつもりは全くなく、単なる狂言。)、程なくした後に携帯電話から審査は通らなかったが、金2万円を振り込んだので1週間ごとに金3万円を5回に亘って支払えれば、その際に100万円を融資するというケースです。また、このように言ってくるケースもあります。最初から5回などとは言わずに、振り込みに際して、わざわざ二つの口座を指定するなどして、「一方の口座には手違いがあり、約束通りの入金がなかったので、また来週払ってくれ。」と言っては数回に亘って支払いを継続させられるのです。
 実際に100万円の融資を受けたという相談者は、いまだかつて一人もいませんでしたので、ご注意下さい。
また、申し込みを思いとどまって融資を断った際に、高額のキャンセル料を請求してくる業者も存在していますので、ご注意下さい。通常は、放置していても問題はないのですが、安易に個人情報を教えていると、関係先に嫌がらせ電話等の被害を受けることがあり、放置出来ない状況に追い込まれてしまいます。
個人情報は、無形の有用な担保として機能している側面がありますので、どこの誰だか分からない人物に教えないようにしなければなりません。
こうしたケースに遭われた場合には、すぐにご一報下さい。
当事務所の方針として、取立て行為をやめない業者・話に応じない業者についてはすぐに警察署に通報し、警察の協力を求めることにしております。

問い合わせ