ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>代表ブログ

代表ブログ

相続よもやま話4
今回は、相続分についてです。法定相続分は、興味のある方がとりわけ多いため、何回かに分けて具体的な相続分を例題に沿って実際に算出してみましょう。今回は、基本レベルですので、しっかりとマスターすれば、周囲の方にも説明してあげられると思います。では、基本事項を説明します。まず配偶者は必ず相続人になります。その他は順位付けされていて、①子、②父母などの尊属、③兄弟姉妹となります従って配偶者の他に子、父母、兄弟姉妹すべていても相続人は、配偶者と子ということになります。相続分についてですが、配偶者と子の場合には各1/2ずつ、配偶者と尊属の場合には、配偶者が2/3、尊属が1/3ずつ、配偶者と兄弟姉妹の場合には配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4ずつとなります。以上を覚えていただいて今日の例題に取り組んでみて下さい。
例題1 相続財産が3000万円で、法定相続人配偶者Aと子B、Cがいる場合、Cが相続する財産の額はいくらか?
例題2 相続財産は1と同じで、法定相続人配偶者Aと父母B、Cがいる場合、Aが相続する財産の額はいくらか?
例題3 相続財産は1と同じで、法定相続人配偶者Aと兄弟B、Cがいる場合、Bが相続する財産の額はいくらか?
解答 例題1の場合相続分はA1/2、B1/4、C1/4となります。子全体で1/2なので各人で均等割りします。そうすると3000÷4=750となり、750万円が正解となります。出来ましたか?例題2の場合相続分はA2/3、B1/6、C1/6となります。B、Cが1/6ずつになるのは例題1と同じ理由です。そうすると3000÷3×2=2000となり、2000万円が正解となります。例題3の場合相続分はA3/4、B1/8、C1/8となります。3000÷8=375となり、375万円が正解となります。これがすんなり分かれば基本はほぼ完ぺきです。次回はこの続きで少し難易度の増した標準レベルの例題で相続分をより深く理解できるものにします。次回をお楽しみに!
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
相続よもやま話3
今回は、遺言のお話です。Aの子供2人甲、乙が法定相続人になる場合で、Aは、2人のうち甲だけに全財産を継がせたいと思い、甲に全財産を相続させる旨の遺言書を作成した時、Aの意思通りになるかどうかです。今回は、よもやま話1のケースとは異なり、乙に遺留分が発生していますので、乙が法定期間内に遺留分がある旨の主張をすればAの財産の1/4は乙のものになってしまいます。乙が相続放棄あるいは遺留分の放棄をすればAの意思どおりに甲に全財産を相続させることが可能です。相続放棄は生前にすることはできませんが、遺留分の放棄は生前にすることができます。ただし、生前に遺留分の放棄をするには家庭裁判所の許可が必要です。従って全財産を甲のみに相続させるには一筋縄ではいきません。これに対して、相続財産中の特定の財産を甲に相続させたい場合はどうでしょうか?この場合には、例えばB土地を甲に相続させる旨の遺言をしておけば(これにより乙の遺留分を侵害していない場合を想定しています)Aの意思どおりに甲にB土地を相続させることが可能となりますので、遺言をしておくことが有益となります。ケースバイケースで様々な問題が起こり得りますので具体的なケースは個別に相談して下さい。今回は、少々難解な話題になってしまいましたが、次回は分かりやすいものをご紹介するつもりです。では、次回をお楽しみに!
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
相続よもやま話2
前回に引き続いて今回も相続にまつわる知っていて得なお話をしていきます。今回は、養子(普通養子)の相続についてです。Aの子供であるBが、その後甲の養子となっている場合、Aの死亡によりBはAの相続人となれるのか否かについてです。養子になってしまっている以上、もはや相続人ではないようにも思われますが、実際にはなれるのです。Bは、甲の相続人にもなれますし、Aの相続人にもなれます。養子に行ってもAの子である事実は変わらないからです。このように誰が相続人になるのか、あるいは持分はいくらになるのかは皆さん大変関心がある事柄でしょう。うちの場合はどうなるのかお知りになりたい方は一度問い合わせて下さい。では、次回もお楽しみに!
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
相続よもやま話1
相続月間の今月は、相続関連のお得な話しをしていこうと思います。まず今回は、相続人が、配偶者と兄弟姉妹のみの場合(子供はいない夫婦を想定)です。このケースでは、法定相続分があるため、何もしないでいると疎遠な兄弟にまで相続分が及んでしまうという問題点があります。これを解決するには、生前に遺言書を作成されることです。すべてを配偶者のみに相続させる旨の遺言があれば、兄弟姉妹には遺留分がないため、遺言の内容がそのまま活かされるからです。遺言書の作成については、その種類によって長短ありますので、ご検討される場合には当事務所までご相談下さい。次回もお楽しみに!
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
相続登記月間
2月は、相続登記月間ということで相続登記がお済みでない方々を対象に全国の司法書士会等が様々な催しを企画して相続登記の推進を図ろうとしています。当事務所でも、それに呼応して相続登記、相続、遺言に関するご質問等に応えられるよう強化月間と致します。初回のご相談は無料ですので、この機会に是非ご利用下さい。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
             
8