ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>代表ブログ

代表ブログ

自営業の闇金利用
先日、自営業の方の闇金相談を受けました。自営業で金融機関から正規の融資を受けることができない場合に闇金利用されるケースが多く、今回もそれにあたります。自営業の闇金利用は、090金融もありますが、対面で会って契約書を交わす対面方式が多いようです。今回も対面方式でした。当事務所では、対面方式を含め闇金全般に対応をしているので、事務所に来所して頂き、事情をお聞きした上で、受任することに決し、その後電話交渉し解決することができました。闇金事件は解決しましたが、それはあくまでも表面的な解決であって、その方が今後闇金利用をしなくても済むような経営状況にすることが根本的な解決ではないでしょうか?昨今の景気低迷で、自営業の方々がご苦労されておられる現状をお聞きし、改めて景気浮揚のための具体的な施策を新首相にお願い申し上げたいと切に願う次第です。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
三和ファイナンスの破産の件
とうとう、三和ファイナンス(現SFコーポレーション)にも終焉の時がやってきたようです。過払い請求によって、経営がひっ迫したこと等が破産申請につながったのではないかと推察されます。準大手の消費者金融会社であったため、関係者には衝撃が走っています。こうした現象は、今後も起こるものと予想されます。我々庶民が、過払い金を請求しお金を回収できたことで、多少なりとも庶民の暮らしは向上しました。では、今回の破産申請は良かったのでしょうか?確かに三和ファイナンスから過払い金を回収できた方は良かったでしょう。しかし、回収できなかった方もおられるのです。過払い金は早い者勝ちですので、不公平です。じゃあどうするのか?それは、他の消費者金融が倒産等しないうちに過払い金を回収してしまうことです。現下の社会情勢では、収入が増える見込みはないといって間違いないですから、もらえる時にもらえるお金をゲットすべきでしょう。今後も過払い請求積極的に取り組んでいきます。一刻も早いご相談をお待ちしております。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
完済後の過払い
消費者金融などで以前借り入れをして、任意整理、自己破産の手続きを取られた方は過払い金はないと思っていらっしゃる場合が案外多いものです。しかし、実際には過払い金が戻ってくるケースもあります。任意整理をした場合には、任意整理の手続きをする前に完済(全額の返済をして取引が終了)している場合で、完済後10年未満の場合です。この場合には、完済後の過払い金の請求ができます。また、自己破産をした場合には、それ以前に先ほどの例のように完済している場合はもちろん、自己破産の対象となった消費者金融の借り入れ先である場合であっても、今から9年程度前に自己破産の手続きを取られた場合には、消費者金融が開示した借金の残額をそのまま借金の額として取り扱っていたため、引き直し計算をすれば過払い金が発生していたというケースが多くあるのです。当時は、現在のように過払い金という概念がなく、単純に破産処理していたので、こういう事態が起こっているのです。このようなケースでは、「自己破産したのだから過払い金はそもそも念頭にない。」と思っていらっしゃる方も多いと思います。しかし、自己破産の手続きを取っていても、それは借金の支払い義務を免責されただけであり、過払い金の請求する権利まで消滅しているわけではないので、過払い金を現時点で請求することができる場合もあります。このように、気付いていないだけで過払い金が戻ってくるケースがあります
当事務所では、このようなケースを積極的に取り上げて皆様の返金処理の手助けをしたいと考えておりますので、心当たりのある方は、ぜひ相談して下さい。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
警察署での一コマ
闇金事件処理で警察署に行ってきました。今回は、単に事件を処理するだけでなく、借入れの根本原因の解決にも目を向けてご指導を頂き大変有意義でありました。とかく我々も事件処理のみに追われて本質的な問題に時間を割かずに済ましてしまうことがありますが、やはり本質的な問題が改善されないと繰り返しになってしまいます。昨今の景気ではなかなか難しい状況にあるとは思いますが、話し合いの機会を持つことで現状を再認識し具体的な行動を今とるべきだと自覚されることも多いものです。おそらく現状と今後の対策については、内心では気付いておられると思いますが、今どうするべきかという覚悟みたいなものは話し合いを通じて初めて自覚されることも多いのです。そういった覚悟を引き出し、具体的な行動を促すことが我々の果たすべき役割の一つではないかと感じています。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
アイフル対応
アイフルの担当者と話をしていると、よくこんなことを言ってきます。先生の事務所は、過払い案件は、満額請求していらっしゃるから、債務が残る案件では、将来利息を含めた和解でないと応じられないと…。依頼者の諸事情があるから事務所単位で判断して貰っても困りますよと申し上げても聞く耳を持ちません。そこで、残債務が残っている方の交渉が全く進展せず暫く放置していたところ、先日、アイフルから電話がかかってきて、大幅な減額の申し出があったのです。その提案で交渉は成立したのですが、まとまるまでにずいぶんと時間がかかってしまいました。しかし、依頼者の方にとっては、その間支払をすることなく、またかなりの減額となり良かったのではないかと思います。アイフルの対応は他と比べると厳しいものがありますので、皆さんご注意下さい。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
6