ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>代表ブログ

代表ブログ

システム金融との攻防
システム金融業者の場合、依頼者が業者のFAXを知っていることが通常なので、ここに受任通知を送付します。
090金融の場合、FAX連絡先が明らかでないことがほとんどですので、通常の債務整理の手法を用いることができにくい面がありますが、システム金融はそうでもありません。通常、システム金融業者は、小切手を担保にとっているため、090金融に比べると応対は紳士的ではあります。090金融の場合、個人情報を担保にとってにいるので、知り得た関係先に「嫌がらせをする。」等と言うことがあるわけですが、そういうことは言わないという意味で紳士的だということです。実際、支払った金額が当座に振り込んできた金額より多い場合には、以降の支払いをすることもなく、振り出した小切手を事務所に返却してくれることが多いものです。今まで「先生の事務所に返却しますよ。」と言って返却しなかった業者はありませんでした。しかし、そう単純なケースばかりでもありません。受任通知を送った後に敢えて小切手を廻してくる業者はいませんが、必ず返却してくるケースばかりでもありません。交渉がまとまらないようですと、返却してこない場合もあります。返却してこない場合でも、呈示期間と6ヶ月を経過すれば、小切手の消滅時効期間となり、たとえ時効期間を経過した小切手を廻しても通常取引銀行は、当座取引先に意思確認をし、その際にこちらが決済を拒否すると、銀行は事故届を徴求して、「呈示期間経過後かつ支払委託の取消」で0号不渡り事由となることから、事なきを得ることになるでしょう。
 システム金融業者自身、小切手を回して不渡りにしても、一円も回収することは出来ませんし、不渡りになれば、回収できないと判断することから、担保を行使することのメリットは何もないわけです。システム金融業者との交渉にあたっては、この点を踏まえて交渉する必要があり、依頼者との間でよく話し合いをして、対処方法を決めていきます。幾度も先方と交渉を重ねつつ、粘り強く対応していく中において良い結果が生じることもあります。実際には、取引状況や用意可能な懐(ふところ)事情、相手業者の応対等によって、どうするのか(支払うのか、支払わないのか、支払うにしてもいつ支払うのか等)決めて参ります。業者自身、すでに交換所に回した小切手を、ギリギリのタイミングで依頼返却をかけてきたケースもありました。そのようなことから、借り入れをした本人が直接話しをすることは、状況が悪化した場合とても難しいことなので、小切手を廻される前にいち早く当事務所に来て、相談して戴いて、交渉をお任せになれば、即座の不渡りは回避できます。
金額の折り合いがつかなくても、相手に小切手を廻させないようにするには、こちらからの攻撃手段がなければなりません。詳細はご来所時に申し上げることとし、ここでは差し控えます。そうした手段を通じて、即時のみならず、将来においても不渡り回避となるように努めて参ります。

投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新手法登場かあ?
通常の090金融においては、通帳に振り込ませて現金化するのですが、今回依頼を受けたケースでは、ア〇〇〇ギフト券をコンビニ等で購入させて、そのギフト券番号を相手指定先のFAXに送信させるという手口です。ギフト券番号を知った相手方は、それをもとに換金所で換金して現金化しているものと思われます。従来の通帳を介した手法には、相手方に一定のリスクがあるため、そのリスク回避の方法として考え出された新手法の登場といったところでしょうか?当事務所においては、手口が変わっても臆することなく対応し、解決を見ましたが、日々その手口も変遷しています。新手法での取引でお悩みになっている方は、是非とも当事務所までご相談下さい。
ちなみに、対面方式のヤミ金においては、通帳を所持しているケースは稀です。現金は、コンビニ等の駐車場に置かれた車の中で手渡しする方法が一般的です。システム金融においては、通帳を所持しているケースが多くありますが、通常は、金融機関等で換金しているものと思われます。

投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
即日融資可等を見て、メールホームで書き込みすると...
消費者金融会社からの借り入れが出来ないような場合に、色々なサイトを見て「ここなら、良いんじゃないか。」と思うサイトのメールフォームに個人情報を記入して、送信ボタンをクリックすることがありますよね。そのサイトは実際にはヤミ金融であるケースがほとんどですが、今回私がお伝えしたいことは、そのヤミ金融1社にだけ送信した個人情報が伝わるだけでなく、すべてのヤミ金融業者(※直接ヤミ金融業者間で繋がっていなくても、パソコンなどの端末を通じてヤミ金融は様々な情報を共有できるようになっていますので、ネットを通じて情報を取得できるすべてのヤミ金融業者のことを指します。)に個人情報が流れてしまうということです。今、ブログ記事をご覧の皆さまは、驚きをもってご覧のことと存じます。万が一、送信してしまった際の対処法等については、当事務所までご相談下さい。ご連絡お待ちしております。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤミ金のおまとめ・債務整理に騙されないように!
何件もヤミ金利用をしていたりすると、ヤミ金の1社から「今、何件あるんだ?正直に言ってくれ。」「総額を指定口座に払い込んでくれたら、こちらで全部解決してあげる。」等と甘言を言ってくることがよくありますが、騙されないようにして下さい。支払ったはずなのに一向に他の業者から請求が止まらないことで騙されたことに気付いたのでは遅すぎます。ヤミ金が債務整理をすること自体違法行為です。そのような話が出たら、躊躇せず当方にご連絡下さい。藁をもすがる思いでつい乗ってしまいそうな話ですが、その心境を利用するのが騙しのテクニックですので、充分ご注意下さい。また、ヤミ金の解決をしてあげるという団体をインターネットのサイトで見かけることもあります。無償で解決するのであれば問題ありませんが、お金を貰って解決することは、われわれ法律専門家しか出来ません。法律専門家のいない団体がそのような行為をすることも違法行為となりますので、ご注意下さい。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤミ金の解決とは...
ヤミ金問題の解決とは、どうすることなのでしょうか?ヤミ金からの請求を止めて日常生活を取り戻すことと思われるかもしれませんが、そのことだけでは本当の意味での解決にはなっていません。ヤミ金を利用しなくてもよいような日常状態に戻すことがより重要ではないでしょうか?
ヤミ金利用をした多くの方の場合、2~3万円のお金がなかったからということでご利用になっておられます。通常は、貯金や預金で対応できる額なのですが、その貯金や預金がないため、さらに言えばヤミ金以外ではお金を貸してくれる所がないために仕方なく利用しなければならないという背景事情があります。しかし、一度利用すると、高利のために家計の状況はさらに悪化します。ヤミ金を利用すればするほど、家計は悪化するのです。負の連鎖が生じ、なかなか抜け出すことが出来ないのです。結局のところ、2~3万円の貯えがあることが重要なのです。貯金があることが重要なのです。景気回復の効果が、我々庶民にまで波及していない現状にあっては、我々自身の手で貯金をしていくことが必要です。そこで、当事務所では、貯金が出来ない事情に注目して、具体的にどうすればよいかをご一緒に考えていきます。゛そんなことは分かっている゛とおっしゃるかもしれませんが、第3者からの目で見ると意外と気づいていないことを指摘される場合もあります。幸い、当事務所においては、ファイナンシャルプランナーがおりますので、法律家の視点以外にも多方面から生活改善の方策をご提示できるという利点もございますので、是非一度ご相談下さい。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2