ヤミ金を含めあらゆる債務整理に対応
HOME>代表ブログ

代表ブログ

必携‼保存版090金融の対応
唯一の実践的ノウハウこっそり伝授します。

ヤミ金業者に不必要な連絡先を教えない。世間話をしても、相手を信頼しない。
☞勤務先を教えることがあっても、自分以外のものは教えない。相手と世間話はしても、不必要なことまで教えない。
ヤミ金業者に教えた自身の口座は速やかに解約する。
☞教えた口座は、口座凍結の対象になっている場合があり、実際に凍結されてしまうと、ご自身で自由な口座開設ができなくなり、社会生活に支障をきたすことから、速やかに解約しなければなりません。
③ヤミ金業者の嫌がらせの対処は、事前準備、警察、事後準備、無視です。
☞ヤミ金業者には、個性があります。話しを聞く業者と聞かない業者がいます。我々がどう対応しても嫌がらせをしてくる業者はしてきます。そのことは警察が対応しても同じです。警察が対応してどうして同じと言えるか?
それは、長年警察署に依頼者と同行して、担当の警察官から直接聞いていること及び警察に依頼しても嫌がらせを止めない業者がいることを経験しているからです。だからと言って、警察に依頼して全く効果がないわけではありません。嫌がらせは続いてもその期間等は短くなると推察されます。嫌がらせがあることを前提に、事前・事後の準備が必要になってきます。具体的準備については、公開しません。ご来所の際に、直接お伝えします。それと無視も必要です。無視とは、つまり嫌がらせがあっても相手にせず、毅然とすることです。どの程度無視すれば終わるかは、事前準備・事後準備によっても、借入状況によっても、そして勤務先によっても異なります。勤務先への嫌がらせがある場合に、事前準備や事後準備によっては、効果的に対応できるケースもあります。詳細はご来所してお尋ね下さい。勤務先への嫌がらせがある場合に、安易に相手の言う額を支払うとその場は収まることもありますが、2ヶ月位後に再度勤務先に嫌がらせが来るケースもあります。そうした際にどう対応するか慎重に判断する必要があります。難しい判断は、やはり経験がものを言います。経験豊富な当事務所にご相談してみて下さい。
補足
事務所選びのポイント
☞仮にヤミ金業者への対応を我々にお任せになる際には、次の点に注意して下さい。
③で申し上げたように、警察が対応しても嫌がらせをする業者はいる。つまり、我々が交渉しても嫌がらせをする業者がいるのは当然のことです。嫌がらせをしない業者・してくる業者がいることを前提に対応を考えている事務所、してくる場合に警察に同行してくれる事務所などきめ細かく対応してくれる所を見つけて下さい。
また、交渉する権限もないのに、ホームページ等で解決する旨宣伝している所もありますので、実際に依頼される場合には、必ず事務所に行き、直接相談してみて判断するようにして下さい。


投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
電話に出ない闇金業者の場合は・・・
何件か闇金業者から借り入れがある場合に、その全てではないのですが、こちらからの電話に出ない業者がいます。普段、固定電話から電話を受けることはないので、業者もだいたい誰からの電話か分かっているので、敢えて出ないという対応を取っていると考えられますが、嫌がらせ行為はしてくるので、厄介な業者です。こうした業者に対応するには、依頼者の携帯電話から電話をかけて直接話しをする必要があります。先日も、この種の業者がいました。依頼者の方に事務所に来て戴いて、依頼者の携帯電話から直接電話をしたところ、出たのですが、業者曰く「依頼者のことは全く知らない。ただ、電話がかかってきたから出ただけだ。」等ととぼけた話しをして電話を切ってしまいました。その後、依頼者に対する電話はなくなりましたが、実家に電話する等したりしてましたが、そのような行為はとっくにお見通しでその対策も講じていたため、程なく解決できました。一口に闇金業者と云っても、個性がありますので、一律の対応で片付くわけではありません。今後も様々な対応をしていき、皆様のご期待に応えられるよう努力して参ります。

投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤミ金で精神的に疲弊してしまわないために・・・
ヤミ金の嫌がらせは、精神的にかなり堪えることが多いです。原因のひとつは誰にも相談できないことからくるものです。やはり、嫌がらせに対して相談できる体制を整えておくことが大切になります。電話一本入れて簡単に解決するケースばかりではありません。ヤミ金にも個性があり、何件も借り入れをしている方なら応対のいい業者とそうでない業者がいることはご経験されていることでしょう。そのような場合には、しつこく携帯電話に電話してくることもあります。様々な嫌がらせをすることもあります。それらに対して、逐一細かく相談及び対処の仕方を伝授してもらえる体制があることが重要です。一人では乗り切れないことも我々となら乗り切れることもあります。相談するのも勇気がいることだとは思いますが、辛い精神状態を長く続けることを考えると応えは自ずと出てくると思います。ご相談お待ちしています。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
闇金の対策とは・・・
闇金対策とはどのようなものがあるかと云うと、まずは嫌がらせ対策だと言えるでしょう。代表的な090金融の場合で言えば、個人情報を担保として機能させていますので、聞き出した連絡先に所構わず連絡したり、ピザや救急車など頼みもしないものを送りつけたりする嫌がらせ行為への対処が急務となります。我々専門家及び警察が対応しても、嫌がらせ行為をしてくる業者は現実に存在します。嫌がらせ行為がないようにという目的でご依頼されておられるとは思いますが、嫌がらせ行為があっても大丈夫な体制を構築していくことは、とても重要なことです。当事務所では、独自の嫌がらせ対策をすることで、この難題を乗り越えようとしています。詳細については、実際にご来所戴いた際に申し上げますので、ご連絡下さい。その次の対策は、ご自身の口座について対策をしなければなりません。私どもで闇金から振り込みのあった口座を拝見したうえで、必要な対策を指導させて戴きます。こちらについても詳細は実際にご来所の際にお伝え致しますので、ご連絡の程お待ちしております。
投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
闇金の取り立てとは・・・
090金融(闇金)の場合、実際に家まで出向いて取り立てにきたり、訴訟を提起したりすることはありません。契約書を交わしていない090金融が、訴訟しても勝ち目はないですし、素性を明らかにするような危険は冒しません。実際に家まで出向くことも、素性を明らかにすることになるのでしたりしませんが、「実際に来たのではないか?」と思われる行動をとることがあります。
どういうことかと申しますと、同地区に居住している他の利用者(同じ闇金利用の被害者のこと)に電話して、「お金を1万円程度あげるから、ここに行って、呼び鈴を押す等してくれないか?」ということがあるのです。つまり、闇金自身は行ってはいないけれども、別の人物に依頼して、まるで取り立てに行ったような行動をしているのです。
そうしたことを知らないと、取り立てにきたと勘違いして誤った行動をとる可能性があります。長年に亘る警察への同行や依頼者からの相談等の積み重ねを通じて知りうることも多いですので、闇金行動の「どうして?」に全てに対応できる当事務所にご相談下さい。

投稿者 上前津法務事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1